太陽光発電、オール電化のことなら信頼と実績の株式会社こくぶにご相談下さい。多くのお客様に支えられて30年。熊本県、九州一円での施工承っております。

公共・産業用太陽光発電システム

  • HOME »
  • 公共・産業用太陽光発電システム

公共・産業用太陽光発電システム

産業用太陽光発電は地球温暖化対策から、太陽光といった自然エネルギーによるCO2削減の役割としても非常に注目を浴びています。このような環境保全への取り組みは社会貢献活動としても幅広く認知され、地域社会への自社イメージ向上にもつながります。

image33

 

再生可能エネルギーの固定価格買取制度を背景として、産業用太陽光発電が急速に普及拡大しています。発電した電気の全量を売電できることから高い収益性が見込まれ、早い段階での投資回収が可能となります。ゴルフ場、駐車場、会社、工場屋根、アパート・マンションなど遊休地が収益に変わります。

bis01

 

 

■環境への取り組みをアピール

原発停止が国民の大きな関心事になっている中、全電力の6割以上を消費する産業界の中で電気の自給率を高めること、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減は、企業市民としての責任を果たす取り組みとして社会から高く評価されます。

■全量買取制度による長期的・安定的収益

再生可能エネルギー特別措置法が成立し、再生可能エネルギーで発電した電気の全量を高単価で買い取る仕組みが出来上がりました。これを受けて、少ないリスクで長期的かつ安定的に収益をあげることが可能になり、収益事業として注目を浴びています。

■非常電源の確保
災害・計画停電などによって停電が起こった場合でも、太陽光が発電している中で電力を使用し、事業活動を全停止することが防げます。

■売電事業が可能
以前は、産業用太陽光発電を設置する経済メリットがありませんでしたが、全量固定買取り制度やグリーン投資減税などの税制メリットにより、会社の収益事業の1つとして、太陽光発電売電事業を検討される法人様が急激に増えています。
設置容量が大きくなれば、投資回収期間が短くなり、投資回収後は売電収入が見込めますので、土地の活用含め、ニーズが高まっております。最近では、利用していない農地を転用して大規模太陽光発電を設置する農家の方も増えており、土地の有効活用という点から法人だけではなく、個人の発電事業者も増えています。

bis02

 
全量買取制度とは太陽光や風力など、再利用可能エネルギーによる電力を電力会社が固定価格で全量を買い取る制度です。従来は自己消費分を差し引いた余剰電力が売電の対象となりましたが、全量買取制度では、太陽光で発電した電気のすべてが売電可能となります。2012年7月1日の制度スタートに伴って、公共・産業用(非住宅向け)の太陽光発電システムのさらなる普及が予想されています。

■非住宅用太陽光(10kW以上)

 全量買取  平成27年度(4/1~6/30)  平成27年度(7/1~)  平成28年度
 買取価格(税抜)  29円/kWh 27円/kWh 24円/kWh
 買取期間  20年間 20年間 20年間

■住宅用太陽光(10kW未満)

 余剰電力買取  平成28年度
 買取価格 出力制御対応機器設置義務なし  31円/kWh
出力制御対応機器設置義務あり  33円/kWh
 買取期間  10年間

image31

 

bis03

 

 

青色申告書を提出する法人又は個人が、平成23年4月1日から平成25年3月31日までの間に、グリーン投資減税設備を取得し、これを1年以内に国内にある事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却又は7%税額控除のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。(ただし、税額控除は中小企業者等のみ適用)。

平成24年7月から再生可能エネルギーの固定買取制度が開始されることに伴い、対象設備の定義が変わりました。また、所定の要件を満たせば取得価額を初年度に即時償却できるようになります。
太陽光発電システムを導入すると税制優遇措置が適用されます。

bis04

 

お気軽にお問合せ下さい。 TEL 0120-63-0414 受付時間 10:00~19:00(定休日を除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 こくぶ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.